レビュー

【書籍レビュー】せかいいちのねこ あらすじと感想【ヒグチ ユウコ】

本日は絵本雑誌「MOE」のえほん、「せかいいちのねこ」のレビューです

以前からタイトルと絵柄で妙に心惹かれていた本作、果たしてどんな本だったのか?
あらすじと感想をレビューしていきます!

書籍情報

著者:ヒグチユウコ
出版社:白泉社 

「なんてやさしいねこなんだろう。ぼくも あんなやさしいねこになりたい」

男の子に永遠に愛されるために、本物の猫になりたいと願うぬいぐるみのニャンコと、旅先で出会うさまざまな猫たちとの心温まる絵物語。

猫たちの優しさにふれて、成長していくニャンコ。ほんとうの幸せとは?
たくさんの愛らしい猫の姿も楽しめるギフト絵本です。

出典 白泉社HP:https://www.hakusensha.co.jp/books/9784592761891
created by Rinker
¥1,650 (2024/02/23 11:44:29時点 Amazon調べ-詳細)

シリーズについて

本作「せかいいちのねこ」も含め現在3作品が発売されている非常に人気のある作品となっております
読了後の今なら、ここまでシリーズ化されている事も納得で御座います
私は今回2作目まで購入してみました!

続きの話もレビューしました:こちら

あらすじ

猫のぬいぐるみ「ニャンコ」は持ち主の男の子からとても愛されています
ただ、赤ちゃんの時から一緒にいた男の子はもう7歳になりました
皆から男の子がぬいぐるみに飽きるのはそろそろだと言われ、ニャンコは不安を抱えています
「ぼくはどうすれば ずっとずっとなかよしで いられるかを いつもかんがえているの」


そんな時、仲間のぬいぐるみから「猫のヒゲ」を集めて身体に入れれば、ぬいぐるみの猫も”本物の猫”になれるという話を聞きます
「せかいいちのねこになって 男の子が大きくなっても いっしょにいるんだ!!」
こうしてニャンコはお供のアノマロに乗って、ヒゲ集めの旅へ出かけるのでした

果たしてニャンコは無事に本物の猫になれるのでしょうか?

感想:じんわり心温まる絵本

切なさMAXの導入部分で既に泣きそうになりながら読みましたw
ニャンコがとてもいい子で、つい感情移入してしまうんですよね

登場する猫達も個性的で、意地悪な猫、食いしん坊な猫、恥ずかしがりな猫、寂しそうな猫、旅する猫などなど沢山の猫が登場します
次はどんな猫かな?とワクワクしながら読み進めて行くことができます

ネタバレになるので具体的には書けませんが、ラストでとある猫がニャンコに対して語る言葉が胸に刺さります
私はカフェで読んでいたのですが、涙を堪えるのが大変でした
(おじさんがカフェで絵本読んで泣いてる姿はホラー・・w)

対象年齢は?

対象年齢としては小学校低学年ぐらいの子からオススメかなと思います
読書感想文などに最適かもしれませんね!

絵本なので難しい漢字は使われてませんし、ルビもしっかり振ってあります
普通の絵本よりは文章量が多めなので、読み聞かせには少し話が長めかもしれません
ただ、非常に可愛らしいイラストだけでも楽しめるかもしれませんね!

勿論、大人にもオススメです
心が疲れたり、少し自信を無くした時などに、ふと手に取って読みたくなる一冊でした

興味を持って頂けたら嬉しいです!

created by Rinker
¥1,650 (2024/02/23 11:44:29時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
ボブ
30代/都内在住/長崎県出身/バツイチ/サラリーマン。これまで様々な趣味を嗜んできましたので、体験談や知識を発信していきます。好きな食べ物はサーモン、嫌いな食べ物はカボチャ。