レビュー

【書籍レビュー】後味悪い小説!?イノセント・デイズ

本日は 早見和真さんの小説「イノセント・デイズ」を読み終わりましたので、感想をつらつらとレビューしたいと思います

ネタバレ無しで書いておりますのでご安心ください

書籍情報

著者:早見和真
出版社:新潮社

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は……筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。

出典:新潮社HP https://www.shinchosha.co.jp/book/120691/

はい、あらすじから不穏さが溢れ出してますね・・

created by Rinker
¥703
(2024/05/28 17:46:15時点 Amazon調べ-詳細)

結論

まず申し上げたいのは「大変素晴らしい小説だった」という感想です
オススメですか?と聞かれれば声を大にして「Yes!」と答えます
ただ万人にオススメか?と聞かれるとちょっと大人向けかなとは思います
(やはりテーマが激重なのでw)

この小説の好きな所

私が元々群像劇が好きという事もあるのですが、構成が最高に好きでした
様々な人物の視点を通して事件の背景が徐々に見えてくる描写は大変素晴らしいものでした


イノセント・デイズではあらすじにも書かれている「産科医」「義姉」「中学時代の親友」「元恋人の友人」「刑務官」これら登場人物の視点で事件を見ていく事になります

読み進める内に「なぜ?」という疑問が湧いてきます
そうです、実は本作ミステリー小説なんです


また、読み始める時に変わった目次だなぁとは思っていたのですが、読み進める内に合点がいった時は唸りました

本当に細部まで練られた構成であると思います
気になった方は是非書店で目次だけでも見てください
目次に凝った小説が大好物な私が保証します!
必ず興味が湧いて気が付けばレジでブックカバーの色を選んでいる事でしょう

後味が悪い小説?

確かに読み終わった後に何とも言えない感情がズーンと来ます
ただこれを所謂「トラウマ小説」「後味悪い小説」みたいな単語で一括にすべきでは無いです

ジャンル的にはミステリーになりますのでネタバレは控えますが、ラストの結末をどう感じるかは読み手側によって異なるのでは無いかなと思います
(あー読んだ方とこの結末について語り合いたい!!)

まとめ

  • なるべく心が元気な時に読むべし
  • ミステリー小説なので事前情報はほどほどに
  • 結末に対してどう思ったか語り合いたくなります

このレビュー記事を読んで頂いた方が、本書を手に取って頂けるきっかけになると嬉しいです!

以上、是非読んでみて下さいませ!

created by Rinker
¥703
(2024/05/28 17:46:15時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
ボブ
30代/都内在住/長崎県出身/バツイチ/サラリーマン。これまで様々な趣味を嗜んできましたので、体験談や知識を発信していきます。好きな食べ物はサーモン、嫌いな食べ物はカボチャ。