情報発信

【庵野秀明展】展示内容の紹介やアクセスについて

庵野秀明ファンの皆様、国立新美術館にて2021年10月1日~12月19日開催中の庵野秀明展には行かれましたか?

開催期間ギリギリではありますが、今回は展示内容や会場へのアクセス方法についてご紹介します!

会場へのアクセス

会場は国立新美術館となっています

一番最寄りは東京メトロ千代田線 乃木坂駅となっています

青山霊園方面改札6出口から美術館へ直結しておりますので迷う事なくたどり着けますよ!

その他バスなどの交通手段も選べますので比較的アクセスは良い会場ですね!

美術館の雰囲気

入り口

こちらが美術館の正面門となっております

近代的な格好良い外観です

正門横には「庵野秀明展」の看板が!

テンションが高まります!

入場は予約時間毎に並ぶ

チケットは入場時間帯毎に予約を取る形となっています

購入した時間帯毎に列形成がされていますので、そこへ並びましょう

なお平日であれば当日券も残っているようでしたので平日が狙い目かも!?

カフェではコラボメニューも

美術館内にあるレストランやカフェではコラボメニューも展開されていました!

展示会を見終わった後に休憩がてらコラボメニューでお茶するのも良いですね!

番外編:近くのランチや喫茶店

会場で食事やお茶も良いですが、美術館の近くには良いお店がありますよ!

ランチ:駄菓子屋

六本木周辺はランチもお高目な印象ですが、こちらのお店はコスパ最高!

私はランチタイムに少し出遅れたのでマグロ丼は売り切れとなっていましたが、牛モツ丼も美味しかったですよー

食べログ:駄菓子屋

カフェ:ブルーボトルコーヒー

まったりお茶をするならブルーボトルコーヒーは如何でしょうか?

非常にオシャレで落ち着いた空間でコーヒーを楽しめます

意識高い系のお店なのかなと食わず嫌いしてましたが、非常に良かったです

ブルーボトルコーヒー:六本木店

会場内の様子

ここから会場内の雰囲気をお伝えしていきますね!

展示は5章構成で区切られており、庵野秀明監督の軌跡を追えるような構成となっています

第1章 原点、或いは呪縛

庵野監督のバックグラウンドとも言える作品郡が展示されていました

ここで私のテンションメーターが振り切れてしまいました

中でも目を引くのはやはりメカゴジラとウルトラマンのスーツでは無いでしょうか?

人混みの中、屈んで煽りショットを撮るオタク
あえてのバックショットを狙うオタク

まさか帰ってきたウルトラマンに会えるとは思っていなかったので感動しました・・

庵野監督に興味は無くとも、特撮ファンならここだけでも観る価値ありです!

第2章 夢中、或いは我儘

このエリアでは庵野監督が学生時代から若手時代の作品が展示されています

恐らく一番混雑していたエリアだと思います

なぜなら「エヴァンゲリオン」の展示があるから・・

学生時代機材の展示や

撮影NGでしたが、自主作成動画も上映されています(凄いクオリティ!)

「風の谷のナウシカ」であまりにも有名な巨神兵のシーン

私が大好きな作品「ガンバスター」も展示されていました

そして、いよいよあの作品ですよね・・

どーん
ばーん
うわぁぁぁぁぁぁぁ

こんな感じで、まずはTVシリーズのエヴァンゲリオンが一気に来ます

どれも情報量が非常に多く、夢中で舐め回すように観てしまいます

旧劇場版もありますよー

ここで既にお腹いっぱいになりそうですが、まだまだ怒涛の展示が続きます!

第3章 挑戦、あるいは逃避

ここからは比較的最近?の作品が展示されています

なんと言ってもシン・ゴジラですよねー

設定画から模型、台本など様々な展示物があり興奮しました

(これだけれ1つの展示会できるのでは?)

さらにはエヴァンゲリオン 新劇場版です!

庵野監督が出演されてドキュメンタリー番組でも写っていた、第3村の模型(でかい!)

個人的に一番グッときたやつ

などなど・・新劇場版は一番記憶に新しい作品という事もあり感動しました

第4章 憧憬、そして再生

今後公開予定の2作品が展示されていました

シン・ウルトラマンが楽しみ過ぎて眠れない

ちなみに公開日は2022年5月13日となっています!

そして発表された時は驚いた方も多いのではないでしょうか?

シン・仮面ライダーに関する展示もあり期待値が上がります!

第5章 感謝、そして報恩

最後にこのお三方が見送ってくれました

このお三方は、最初のエリアで展示されていた庵野監督が影響を受けた作品達

その作品達を自身の手でリメイクするなんて凄い話ですよね

今後も庵野監督の活躍に目が離せないです!

まとめ

ほんの一部しか紹介できておりませんが、非常に膨大な展示があり最高でした

また展示物のほとんどが撮影OKなので、図録買えないよ!という方はバシバシ撮影しましょう!

ここまでの展示物が揃う機会は無いと思いますので、開催期間ギリギリですが急いで行きましょう!

なお庵野秀明展は大分、大阪、山口と開催予定となっていますので、お近くの県で開催される際は是非とも足を運ぶことをオススメしますよ!

created by Rinker
¥15,696 (2024/05/28 04:53:39時点 Amazon調べ-詳細)

会場限定グッズなどは別記事でご紹介していますので、良ければそちらを御覧くださいませ!

ABOUT ME
ボブ
30代/都内在住/長崎県出身/バツイチ/サラリーマン。これまで様々な趣味を嗜んできましたので、体験談や知識を発信していきます。好きな食べ物はサーモン、嫌いな食べ物はカボチャ。